走行距離による割引

走行距離による割引

自動車保険会社の中では、走行距離に応じて割引を適用させている所もあります。走行距離が少なければ、それだけ事故に合う可能性が低く、保険料が割引となるのです。近所に買い物に行く程度の人は走行距離は少ないですし、週に1回程度週末に車を乗るくらいの人はそう言った保険会社を選んだほうが有利です。通勤で長距離走る方、業務で車を使う場合は、それだけ事故に合う確立も高くなると予想できます。

 

今までは車種や年齢などによって自動車保険料が決まってきましたが、それだけでなく今では走行距離により事故のリスクを考えて保険料が設定される時代となってきています。年間1万キロ走る人と、千キロしか走らない人が同じ事故リスクとは考えられません。車を持っていても使い方によっては、保険料が変わってくるため注意しましょう。

 

自動車保険を申し込む際には、現在の走行距離を申告する保険会社や、車を使う目的を申告する所もあります。走行距離で判断している場合は、正しい距離を入力しましょう。多くの場合は、車の使い方によって保険料を大まかに変えていることが多いです。週末のみレジャー、毎日通勤に使う、近所に買い物程度などです。走行距離が多いからといってそれ程保険料が高くなるわけでは無いため、正しい申告を行ってください。