車両保険の小額請求は損

車両保険の小額請求は損

自動車保険の費用を出来るだけ抑えたいなら、車両保険などでよく見られる小額の請求は行わないほうがお得な場合があります。

 

例えば車両保険に入っていて、5万円程度の修理代がかかったため保険を請求する事にしたとしましょう。この時に保険会社によっても異なりますが、等級が下がる事があり注意しなければなりません。等級は据え置きでも翌年等級が下がらないため、保険料も下がらない事になります。果たして5万円の修理代を請求したほうが良いのか?それとも等級を下げても利用したほうが良いかは良く考える必要があります。トータルの保険料の負担分を考えると、車両保険で小額の請求は行わないほうがお得となるケースもあるのです。保険は請求しなければ、翌年に等級が上がったり据え置きされる事はありません。

 

また、車両保険の場合10万円などの免責を付けておくと、10万円以下の請求が出来ないため、保険料がお安くなります。小額の請求は損になる事が多いため、事前に免責を付けて保険料を安く設定させる契約方法もあります。どの利用方法が安いかは、保険会社によっても異なるため、契約時や更新時に詳しく確認しておくと良いでしょう。保険を使っても等級が据え置かれるなら、使ったほうが良い時もあります。